2009年01月16日

19 琉球古武術における武器の由来について

 一般的に、いわゆる「空手」は素手で行う武術と喧伝されております。しかし、スポーツ空手という意味では正しいのでしょうが、武術空手という意味においては正確な理解とは言えません。

 なぜならば、そもそも空手の技法は武器を使うためのものであり、逆に言えば、武器を持たない時、その武器の代わりとして身体を用うる場合、どのように使えば効果的かと言う観点から工夫されたものが空手だからであります。

 そのゆえに、例えば、棒の前手突きと、空手の前手突きの技法は全く同じ術理から成り立っているのであります。

 然(しか)らば、武術空手の前手突きとスポーツ空手の前手突きとは同じものかと言えば然(さ)に非ず、様々な理由によりまさに似て非なるものと言わざるを得ません。

 つまり、琉球武術という意味での空手はまさに武器術と表裏一体・車の両輪関係にあるのであり、空手のみが単独で存在しているという訳では無いのです。

 因みに、中国では現代においても武術を学ぶのであれば拳術のみでなく数種類の武器術を学ぶのは常識であるとされます。空手の祖形もまた遠く中国の少林拳にあることは、空手や武器術の型の一部にその名残が残されていることから見ても明らかです。空手と武器術が両面一体・陰陽一体の関係にある所以(ゆえん)であります。

 ともあれ、近年、海外においては、とりわけ欧米を中心に琉球古武術への関心が高まっていると謂われております。残念ながら空手の本家たる日本においては様々な事情からその実際は余り知られていないようであります。とは言え、最近は、海外の影響のゆえか、強い関心を示される方も少なからずおられるようであります。

 そのような折、読者の方から『琉球古武術における棒,サイ、ヌンチャク、トンファー、鉄甲、鎌、ティンベー、スルジンといった武器の由来について教えてください』とのご質問が寄せられましたので、次にように答えておきました。


一、棒(中国風に言えば棍)

 言わずもがなのことですが、棒は石器とともに人類最古の武器であり、古代より使用されてきたものであることは論を待ちません。中国では古来、少林寺の棍法が有名です。「すべての武術は棍法を宗とし、棍法は少林を宗となす」と言われております。沖縄の棒は、地理的・文化的な立地条件から見て(もとより南方渡来のものもあるでしょうが)基本的には中国からの影響を強く受け、沖縄の文化と風土の中で、独自の創意工夫を凝らしつつ成立したものと解することができます。

 独自という意味は、そもそも漢人(いわゆる支那人)の体に合わせて成立した中国武術的な動き方を(人種の異なる)琉球人の体に合うように工夫したという要素(もとよりこのことは棒のみに限りませんが)を含めての、言わば中国武術の沖縄化という意味合いです。

 因みに、棒の種類としては、六尺、九尺、三尺、砂掛け棒があります。

二、サイ

 中国・明代の陵墓からサイの祖形と思われる武器が出土しています。サイの由来については俗説・珍説の類が多くありますが、やはり中国渡来のものと推定されます。

 因みに、釵の種類としては、通常の三叉(みつまた)の釵の他に特殊な形の卍釵があります。

三、ヌンチャク

 彼のブルース・リーで有名になったいわゆるヌンチャクは、中国北方では双節棍(シャンチェコン)と言い、福建省では両節棍と書いて「ヌンチャクン」と言っています。これもまた中国渡来のものと推定されます。その他、三節棍、四節棍もあります。

 因みに、ブルース・リーが映画で使ったヌンチャクの技法は沖縄伝来のものとは全く関係ありません。沖縄の技法は携帯棒としての一本のヌンチャクを両手で操作するものであり、ブルース・リーのごとく二本のヌンチャクを両手に持って使うということはありません。

 因みに、フィリピンにはKALI(カリ)と呼ばれる伝統武術が伝えられております。60〜70cmの短棒を両手、または片手に持って打ち合いながら、様々な動きを練習するものであります。

 このフィリピンのKALI(カリ)の技術の一端としてヌンチャクに似た形状の武器(タバクトヨクと呼ばれる)があります。沖縄のヌンチャクが一本の棒を扱うがごとく重く鋭く振るのに対し、タバクトヨクは、非常に軽快な振るところに特徴があります。

 ブルース・リーの場合は、このKALI(カリ)とタバクトヨクの技法にヒントを得て映画用にショーアップしたものであります。因みに、彼が映画撮影時に用いたヌンチャクはプラスティック製の軽いものと謂われております。

四、トンファー

 トンファーは、拐(カイ・福建省ではトンクワー)という名で中国には古くから伝えられている武器であり、各種の形に分かれていますが、その中の一種が沖縄に伝えれたものと推定されます。

 因みに、イタリアン式フェンシングの中には、十字形になっている剣の柄を上から鷲掴みの形で握り、突きの後にトンファー的な使い方をするものもあります。手首の回転と武器の遠心力を利用した裏拳的な技法は洋の東西を問わず、共通のものがあるようです。

 トンファー術の特長は、一本の棒を二つに分断してかつ短くし、それぞれに把手(え)を付けて(上記のイタリアン式フェンシングのごとく)操作し易くしているため、通常、両手で操作するところの棒の技法と同じ技法を片手で操作することを可能にしていることにあります。

 そのトンファーを両手にもって自在に操作するということは、つまるところ、両手に棒を持って自在に操作することと同じことを示唆するものであり、その意味においても、トンファーの応用範囲は極めて広いということになります。

 少なくともトンファーは、俗説で謂われているがごとく「石うす」の取っ手から考えらた武器でないことは確かです。洋の東西を問わず、そこには深遠な術理が秘められているということです。

五、鉄甲

 鉄甲は日本の忍者も使っていますが、由来がどこというよりも拳の威力をより強める必要性からこれまた洋の東西を問わず自然発生的に工夫されたものと解されます。とりわけ琉球古武術の鉄甲術の場合は、空手の術理を最もストレートに応用できる武器ということになります。

 少なくとも、(徒手の組手に殆んど近い)鉄甲の組手をすれば、空手の拳をなぜ当ててはいけないのかという理屈が本当の意味で理解されます。鉄甲はもとより武器であり、空手の拳もまた武器に他ならないからであります。逆に言えば、空手においてなぜ拳足を鍛える必要があるのかを真に理解できるということであります。

六、鎌

 戦は基本的に野外で行われるものです。そのような場所で生い茂る雑草や潅木の類を刈り払い陣場を構築するのに不可欠にして便利な道具が鎌です。のみならず鎌は湾曲した刃で梃子の原理を用い、少ない力で大きな殺傷力を得ることができ、かつ相手の武器を引っ掛けて絡め操る特長があるためるため古来、武器としても用いられたのです。

 琉球古武術には古伝空手の術理を応用しての二丁鎌術があり、日本には鎖鎌・長柄の鎌・鎌槍などがあります。

 因みに、いわゆる鎖鎌術は、分銅鎖術と鎌術を合体させたものでありますが、鎖鎌術の流派の中には、(琉球古武術と同じく)分銅鎖を付けない形での二丁鎌を用い、本来の鎌術としての精緻な技法を残しているところもあります。

七、ティンベー

 正確にはティンベー(楯)と、ローチン(短槍)を組み合わせたものでティンベー術と言います。このように、片手に防御用の楯を持ち、片手に剣・刀などの攻撃用の武器をもって戦う武技は(ギリシャ、ローマの時代を例に引くまでもなく)古代からありました。

 たとえば、中国の場合、明の名将、戚継光が和寇の撃滅戦法に用いた強力な秘密兵器として知られております。そのティンベー術は、楯という防禦兵器に、投げ槍・腰刀という長・短二つの攻撃兵器を組み合わせたところに特長があるようです。沖縄のティンベー術にも似たような所作があるため、多分にその影響を受けたであろうことは想像するに難くありません。

八、スルジン(短鎖・長鎖)

 人類史上、鉄が武器として登場すると、それまでの青銅製の武器は瞬く間に姿を消して行きました。鉄の特長が固く折れず曲がらず強いところにあったからです。その鉄がいわゆる鎖の形状をとれば、鉄は一転して、柔らかく折れて曲がりかつ強い素材ということになります。

 その特長を武器として活用したものが、棒手裏剣の如き形状の武器と(鎖の先に分銅をつけて用いる)分銅鎖を合体させたスルジン術ということになります。分銅鎖で相手の武器や首を絡めて、先端の鋭く尖った棒手裏剣状の柄で攻撃するなど多様な技法があります。

 とは言え、物事には必ず両面があります。分銅鎖が強力な武器なだけに、反面、コントロールいう側面においてはその操作に難点があり、そのゆえに熟練の技が要求されるということになります。生兵法でこれを用いることは、返って自らを傷つけることになるという危険性を秘めた武器です。

 スルジンの種類としては、鎖の長さが一尋(両手を左右に広げたときの長さ)の短スルジンと、二尋の長スルジンがあります。因みに、日本の鎖鎌の鎖は長いもので3.5メートル前後あります。


 いずれにせよ、古来、沖縄では(もとより中国もそうですが)空手を学ぶ者は武器を併せて学ぶのが常識となっています。上記の八種の武器はまさに手の延長であって、空手と異種のものではなく、長短の武器を学んでこそ空手のすぺてを理解できるものと謂われております。
posted by 孫子塾塾長 at 16:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 歴史
この記事へのコメント
気になる点について、意見を述べます。
まず、この文章はある質問への回答であるようですが、いつもこのように答えていらっしゃるのでしょうか。
ご自身で調べずに、どなたかの文章を参考にされるのでしたら、引用部分とご自身の意見が区別できるような書き方が必要かと思います。

いわゆる沖縄武器が中国由来であることは客観的に事実でありましょうが、それを理由に伝承が間違いであるとは断言できません。
例えばトンファーの俗説などです。
中国人が石臼の取っ手を流用してトンファ術を伝授していたならば、それは沖縄人からは見れば「石臼の取っ手から考案された武器」とも見えるものですから、伝承としては間違いとは言えません。
各武器がどのように伝授されたかは言い伝え以外は不明なはずです。
言い伝えを元にした私の想像は、間違いであると断言できますでしょうか。

ヌンチャクについて。
俗説をそのまま書いていませんか。
これは沖縄のヌンチャクの説明でしょうか。
ブルースリーについての説明するのでしたら、出村文男氏についても調べてはいかがでしょう。
空手ブーム当時のアメリカで、ヌンチャクなどを演武していた方で、ブルースリーと交遊があったそうです。
現在でも中国では出村氏の本がブルースリーの書いたヌンチャクの本として売られています。
Posted by オリシトヨク at 2009年04月16日 01:55
 ハッキリ申し上げて、貴方の言われている内容は実に幼稚で意味不明です。まともにお答えするのも憚(はばか)られるのですが、一応、次のように答えておきます。


(1)貴方は、トンファーの俗説は正しいとする一方で、沖縄のヌンチャクに関する技法の説明は俗説であり、誤っているとする。

 そのゆえにお尋ねします。一体、貴方のお考えになっている俗説の判断基準とは何なのでしょうか。言い換えれば、俗説の真偽の程に関する、貴方の(知性的な)判断基準とは何なのでしょか。


(2)このことは、偏(ひとえ)に貴方ご自身がトンファー術の何たるか、沖縄のヌンチャク術の何たるかを全く御存知ないか、はたまた単に知識としてしか知らないことに起因するものと考えます。

 一般的に、武術は師と弟子が相対してのみ伝わる「身体性」が有るものゆえに、それを無視して単なる本の知識や観念だけで物を考えようとすること自体が誤りだと申し上げます。


(3)そのゆえに、(もし否と言われるなら)トンファー術の型とその型にどのような術理が内包されているのかを例示的にご説明ください。

 同様に、沖縄のヌンチャク術とブルースリーのそれとの相違を例示的にご説明ください。その上で、お答えしたく思います。

Posted by 管理人 at 2009年04月16日 10:05
文章を長くすると趣旨を誤解されるようですので短く書きます。

1)ご自身の伝承と他所からの伝聞は区別して書いてください。

2)「少なくともトンファーは、俗説で謂われているがごとく「石うす」の取っ手から考えらた武器でないことは確かです。」
この根拠を示してください。
できないなら明確な否定は避けてください。

3)インターネットで得た情報を不用意に混ぜないでください。それともフィリピンでKALI(カリ)を教わったのですか?


返答−俗説の真偽
トンファーの俗説の真偽は判りません。しかし私は「昔は石臼の取っ手を使ったそうだ」と聞いています。私は真偽どちらにせよ証明できませんので、訊かれた場合はそれをそのまま答えます。その真偽には触れません。
ヌンチャクについてですが、あなたの言う「沖縄のヌンチャクに関する技法の説明」とは「沖縄のヌンチャクが一本の棒を扱うがごとく重く鋭く振る」の部分でしょうか。その一文だけでしたら、私はその通りだと思いますし、俗説などと辛辣な言い方はしません。それ以外に「沖縄のヌンチャク術の何たるか」が書いてあるのでしょうか。

由来がさまざまに伝わっていることは存じており、各人が聞いたように伝えて行けば良いと思っています。
しかし、他の伝承を否定されるのでしたらそれなりの説明を頂きたいです。私が伝えていたのが明らかな誤りなら訂正が必要ですので。


返答−(2)
術理について文章で知るつもりはありませんし、あなたの術理を知ったように指摘するつもりも毛頭ありません。
間違いなく価値あるものであろうと思っています。

返答−(3)
何を答えさせたいのか解りません。
また、トンファーの型はやっていませんので答えかねます。

ブルースリーのヌンチャク術は映画でしか知りませんが、それを以って説明などして良いのでしょうか。
ブルースリーを引き合いに出す必要がありましょうか。
それでもと言うなら説明いたします。
Posted by オリシトヨク at 2009年04月17日 05:44
 このコメントに関する返信は、文字数の関係から、『22 形が似ていてもミソとクソは別であるし、月とスッポンは異なる』の記事として近日中にアップさせて頂きます。
Posted by 管理人 at 2009年04月18日 08:31
明確な否定は存分にされて結構ですが、好戦的な語句は避けて下さると助かります。
Posted by オリシトヨク at 2009年04月18日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25569696

この記事へのトラックバック